ピアノの手の形について

ピアノを弾いてみようという時に、どのようにピアノに手を乗せていいのか、ピアノの鍵盤に手をのせていいのかってのがわからないと思います。

昔はよくこの手の下に卵が入ってるとかを触ったりしたんですけど、今わかりやすいのは一度立っていただいて腕の力を抜いていただきます。

そして腕の力を抜いてぶらぶらとさせた時の手の形、ちょっとやってみてください。

手をぶらぶらさせてから抜けてるぞっていうところで、ちょっとそっとその手を持ち上げてみると一番自然体な形と言われています。

なので、ピアノを弾く時もこの形を常にキープできればいいというわけなんです。

先ほどの手の形のままピアノに乗せると、手の甲の部分が全部平らになっていると思います。

ここがポイントです。

まず小指、この小指はとても弱い指なので平らにしたまま弾くっていうことはとても難しいんです。

何が難しいかと言いますと、筋肉ができていないまま弾くと小指だけをこのように動かすことができません。

この角度って手の甲を平らにすると小指が弾きにくいという話をしたんですけれども、近くの角度から見てみましょう。

そうすると、ちょっと筋肉が出ます。

筋肉がなかったりまだ弱かったりすると、このような動きになってしまうので初めは辛くても、指の付け根のところを見ていただいてここの高さが変わらないように降ろしてみるといいんじゃないかなと思います。

そして、それと親指が見えづらいですけど、親指も親指だけで動かすことが難しいです。

これを繰り返していくうちにこちらのが丸まり親指がが丸まって、先ほどの平からずっと丸まった感じ、このちょうど中指あたりが山のような形になってしまってのよくあります。

なので、それをやらないように、いつでもここは平らで入る入られいるというのも常に意識してると分かりやすいと思います。

その感覚がつかみづらかったら、反対の手でちょっとこう下がってあげるのではなくて、下がってそれではなくて平らになってるかな、とチェックしてみるといいと思います。

今のような形で弾いてみると、鍵盤と指の間のこの手のひらのところに自然と空間が生まれます。

この自然体な形で弾くのがいいと思います。

昔はグッと握ったまま力を入れていくっていうのが多かったんですけれども、最近は少し考え方が変わってきているようです。

あまりまん丸くしすぎて固めていくよりは平らにしておろすの方が、音の立体感とか響きが全然違うように私は思っています。


エムフェリーチェピアノ教室
浜松市南区のピアノ教室。細やかなレッスンをしてくださいます。

さかいピアノ教室
川崎市高津区のピアノ教室。先生が優しく保護者からも好評です。

ピアレスピアノ教室
浜北区のピアノ教室。丁寧な指導をしてくれます。