ピアノをメトロノームで練習するときの注意点

メトロノームで練習するときの注意点を知ってはいけない点についてお話ししたいと思います。

メトロノームの練習は、よくレッスンなどでもメトロノームに合わせて練習しようというようなことを言われると思います。

ただ、メトロノームは正しく使わないとかえって逆効果になってしまうこともありますですので、その辺りのさじ加減を上手に使いこなしていくということが大事になってくると思います。

メトロノームはなぜ使うのかということなんですけれども、 音楽を勉強するにあたって、テンポ感っていうのがとても大事になってきます。

曲がスタートしてから終わるまでは、基本的にはある程度同じ速さで弾くっていうことが大事なんですけれども、はじめのうちはそういう感覚を自分で持ってないことが多いので、自分では同じ速さで弾いているって聞き続けているつもりなんだけれども、遅くなったり早くなったり遅くなったりしていることがあります。

自分の中でこんなに早く引いちゃってたのかとか、ここはもっと早く引かなきゃいけないんだなっていう感覚を鍛える時に、メトロノームは非常に役に立ちます。

メトロノームで合わせて練習をして、ここはこんな感じっていうのがわかってきたところで、次は自分自身がテンポを感じてなきゃいけないっていうことなんですね。

メトロノームの練習は初めのうちはとてもいいんですけれども、だんだん慣れてくるとテンポ感をつくるというよりは、メトロノームが鳴っている音に合わせるようになってきてしまいます。

つまりテンポを刻むとよりも、この音に合わせて自分が練習するという形に変わってくるんです。

こうなってくると、自分自身でテンポを刻んでいないってことが多いですね。

このような状態になってきたら、今練習しているまさにその曲のメトロノーム練習は卒業したほうがいいと思います。